呑酸

呑酸(どんさん)の原因

逆流性食道炎の典型的な症状であると言われている呑酸(どんさん)。

呑酸は、胃の中に長時間食べ物が残ってしまうことで、胃の働きが悪くなり食道へ胃酸が逆流してしまうことで、胃液が口まで上がってきてしまいます。

 

それにより、このような症状が現れます。

  • 口の中がすっぱい
  • 胃もたれ、胸焼け
  • お腹が張りる
  • 頻繁にげっぷが出る
  • よく咳き込む
  • 胃の痛み

など、呑酸(どんさん)は、今急増している症状で、近年メディアでも取り上げられることが多くなっている逆流性食道炎の最も多い症状です。

 

以前は、日本では比較的少ないとされていた症状でしたが、食事の欧米化やストレス社会、食べすぎ・飲みすぎ、またコーヒー・喫煙・飲酒なども影響しているといわれており現代の生活習慣病の一つといえるのではないでしょうか。

 

こんな意外な原因も・・・

また、こんなケースの場合もあるそうです。胸やけや胃もたれなどの症状に、便秘などの症状をあわせ持っていることもあるそうです。専門家によれば、消化管は一本の管なので、消化器系がスムーズに働いていなければ便秘があっても不思議なことではないとのこと、その便秘が原因で胃が圧迫され胃酸が逆流しやすくなるそうです。

 

これは、肥満でも同じ事が言えるそうで、内臓脂肪が多くなると胃を圧迫し同じような症状がおこりやすいんそうです。便秘や肥満を解消させることも呑酸の症状の改善策でもあるのです。

 

主な原因のまとめ

 

1.胃液の逆流を防いでいる括約筋の機能低下

 

2.胃の蠕動運動の低下

 

3.肥満や便秘などが原因で胃を圧迫させてしまう

 

4.胃液の分泌増加し食道粘膜が傷つけられやすくなる。

 

5.暴飲・暴食をすれば胃に負担がかかり胃液が出やすくなる。


 
HOME ストレッチDVD 健康マニュアル 美容健康グッズ 書籍・本